RisuPuレンタルサーバー(MH)でCloudflareを使う

この記事は約3分で読めます。

こんにちは

今回の記事では、RisuPuレンタルサーバー(MH)でCloudflareを使う手順をお伝えします!

Cloudflareでの作業

まずはCloudflareにログインします。

Attention Required! | Cloudflare

アカウントを持っていない場合は作成しましょう。

ドメイン追加

ログインしたら、ドメインを追加します。

次にプランを選択します。よほどのことがない限り無料で十分です。

DNSレコード追加

この作業がいちばん重要です。

この画像では、「ltyn.xyz」を「プロキシなし」で追加する場合のレコードです。

詳しくみるとこうなっています。

プロキシありの場合

プロキシありで運用する場合は、他にもレコードが必要です。

Cloudflareの設定順に書くと、このようになります。

・CNAME、 www、 mh.rsvr.jp

・MX、 @、 mail.{ @以後のFQDN } (例: mail.ltyn.xyz)

・TXT、 @、 v=spf1 redirect=_spf.mixhost.jp

しかし、まだプロキシ化してはいけません

というのも、ドメインを追加する際は該当サーバーのIPをレコードに設定しなければならないからです。

プロキシはドメイン追加後に設定しましょう。

サブドメインを追加する場合

サブドメインを追加する場合は、このように設定します。

CNAME、 {サブドメイン}、 mh.rsvr.jp

また、プロキシありの場合は、加えて以下も設定します。

・CNAME、 www.{サブドメイン}、 mh.rsvr.jp

ドメインレジストラでの作業

こちらはドメイン持ち込みの場合の作業です。

ドメインレジストラの管理ページより、ネームサーバーをCloudflareのものに設定します。

DNSレコード追加後にネームサーバーが2つ表示されるので、そちらを設定します。

隠す意味はないけど一応、ね?()

あとは反映されるまで待ちましょう。

ネームサーバーの反映は長いので、おちゃでも飲みながら…()

反映されると、Cloudflare管理ページの「概要」に「Cloudflare は現在お客様のサイトを保護しています」と表示されます。

サーバーにドメインを追加

今回はコントロールパネルを使いますが、サポートに問い合わせてドメインを追加することも可能です。

サポートに問い合わせる場合はこちらから。

お問い合わせ(サポート)
RisuPu(rspnet.jp, .)に関するよくあるご質問(?)、活用ガイド(?)、お問い合わせのご案内です。

コントロールパネルにログインしたら、「ウェブサイト」からウェブサイトを追加します。

ウェブサイトを追加しました。」と表示が出れば成功です。

この作業が終わったら、プロキシ化しても問題ありません。

以上で作業は終了となります。お疲れさまでした!

まとめ

RisuPuレンタルサーバー(MH)では独自ドメインの持ち込みができるので、このような設定が必須になります。

あまり詳しくない方のお役に立てれば幸いです!

コメント

  1. None より:

    ssl証明書の更新のときにcloudflareのプロキシが邪魔になって、ssl証明書が更新できなくなるということはないんですかね…?

    • 私が確認できる限りでは、SSL設定を「フレキシブル」か「フル」にしているならプロキシを通したままでも特にエラー等は出なかったはずです…!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました