RisuPu レンタルサーバーでNextcloudを使う

この記事は約6分で読めます。

こんにちは。

今回の記事では、RisuPu レンタルサーバーでNextcloudというクラウドCMSの導入方法を紹介します。

自分でクラウドを構築できる面白いものですので、興味があったらぜひやってみてください!

前置き

そもそも「RisuPu レンタルサーバーにNextcloudを設置していいのか」という問題ですが、RisuPu Wikiでは次のように説明されています。

NextCloud等の設置は、ご自由ですが、利用規約に遵守する範囲内でお願いいたします。

※他ユーザーに影響を及ぼすような使用方法が発覚した場合は、サーバーアカウントを凍結や削除等することがあります。

RisuPu Wiki 「 レンタルサーバーでファイル共有するツールを設置してもいいですか? 」

(Nextcloudに限らず)意図的に負荷をかけたりしなければ大丈夫そうですね

インストールの準備

ドメインを追加

サーバーにドメインを追加しましょう。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい!

※この記事で解説しているのはCloudflareですが、他のサービスでもDNS設定などのやることは同じです!

phpバージョンの変更

ドメインを追加する際に、サポート担当に「phpのバージョンを7.4.xに」してもらうように言って下さい。

コントロールパネルの場合は、ウェブサイト一覧から変更できます。

Nextcloudのサイトからインストールスクリプトをダウンロード

Nextcloudは、WordPressのようにデータをFTP等でアップロードするやり方と、PHPのインストールスクリプトを使ってインストールする方法があります。

後者のほうが楽ですし回線に優しいと思いますので、今回はこちらの方法でやっていきます!

こちらのインストールサイトにアクセスします。

Install – Nextcloud
Nextcloud is the most deployed on-premises file share and collaboration platform. Access & collaborate across your devices. Your data remains under your control...

「Web Installer」タブを選択し、画像で強調させている here のリンク部分を右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存」をします。

これで一通りの準備は出来ました!

インストールスクリプトを設置&実行

FTPにアップロード

ダウンロードした「setup-nextcloud.php」をインストールしたいドメインのディレクトリに置きます。

今回は、「nextcloud.ryosan1210.net」というサブドメインに設置するので、この名前のディレクトリにアップロードします。

また、ここからの作業が超重要です!!!!!!

このインストールスクリプトは、Nextcloudのサーバーからデータをダウンロードするものですが、それがあまりにも時間がかかってしまうため、タイムアウト(時間切れ)が発生してしまいます。

それを無効化するための設定です。

.htaccessファイルを作る

Windowsの「メモ帳」を開き、以下の文をコピペしてください。

<IfModule Litespeed> 
    RewriteEngine On
    RewriteRule .* - [E=noabort:1, E=noconntimeout:1]
</IfModule>

出典: https://docs.litespeedtech.com/cp/cpanel/long-run-script/

それを、「.htaccess」というファイル名で、種類を「すべてのファイル」として保存します。

こちらのファイルも、先ほどの「setup-nextcloud.php」と同じ場所にアップロードしてください。

インストールを開始する

インストールスクリプトの実行

さっそくやっていきましょう!

https://{phpファイルを設置した(サブ)ドメイン(/設置ディレクトリ)}/setup-nextcloud.php にアクセスし、このような画面になればOKです!

「Next」を押すと、インストール先ディレクトリの設定画面(Dependency check)になります。

インストール先ディレクトリの設定

「nextcloud」のままにした場合
 → NextcloudのURLは https://{phpファイルを設置した場所}/nextcloud/

「.」(ドット)にした場合
 → NextcloudのURLは https://{phpファイルを設置した場所}/

今回は、「https://nextcloud.ryosan1210.net/」でNextcloudを使いたいので、ボックスの中はドット(.)にします。

Nextを押すと、Nextcloudのダウンロードが始まります。

ブラウザは長時間読み込み中になりますが、サーバーがダウンロードを頑張っている状態ですので、そのまま放置しましょう。(5~10分くらいかかります)

データベースの作成

待ってる間がひまひまひーまねっ!なので、この間にデータベースの設定をしましょう。

MHプランの場合はこちらから、CSV2プランの場合はこちらから、 開通メール等に書いてあるデータベースのログイン情報で phpMyAdminにログインします。

ログインしたら、左側のパネルの「新規作成」からデータベースを作ります。

わかりやすい名前をつけて、作成します。右側のドロップダウンリストは無視。

データベース名の最初にある5文字と_(アンダーバー)はそのまま残し、その後に名前をつけましょう。

例: abcde_nextcloud

Nextcloudのセットアップ作業

Nextcloudがこのようになっていればインストールは成功です。

Nextを押します。(phpバージョンが低いと押したときに怒られます。その場合は変更してからリロードしてください。)

アカウント作成画面になりますので、ユーザー名とパスワードを指定します。

一番下にセットアップを完了するボタンがありますが、今の所ではこれはです。

罠です。

ストレージとデータベース」を設定するのが正規ルートです!!!

次のように設定してください。

設定内容
  • データフォルダー: そのまま
  • データベースを選択してください: MySQL/MariaDB
  • データベースのユーザー名, パスワード, データベース名: 先ほどログインに使用した情報と、作成したデータベース名 (例: abcde_nextcloud)
  • データベースのホスト名: mariadb1.close.rsvr.jp (localhostを書き換えてください)

これらの設定をして初めて、最後の「セットアップを完了します」ボタンが罠ではないものになります。

しばらく待つと推奨アプリのインストールが完了し、これで使えるようになります。

ダッシュボードの画面に切り替われば終了です。おつかれさまでした!

まとめ

Nextcloudを使えば、外部サービスのクラウドストレージを使わなくても自分でクラウドを構築できます。

その他にもカレンダーなど、便利な機能や面白い機能がたくさんあるので、ぜひ使ってみてくださいね!

RisuPu レンタルサーバーについて、詳しくは下のリンクからどうぞ!

RisuPu レンタルサーバー
RisuPu レンタルサーバー | 無料で高品質なレンタルサーバーならRisuPu レンタルサーバー | RisuPu(rspnet.jp, .)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました